【5分でやる気スイッチONにする】

Amazonキンドルで出版
おばけの正体とは? それは私たちがいつも感じている不安という感情です。 その不安はどこからやってきて、どうしたら消すことができるかをステップバイステップで解説しています。
9割が人間関係が下手なわけ、異性と親密になる10日間実践法
トップ10%しか知らない”人間関係構築法” 「異性と親密になる10日間実践法・完全版」をレポートで期間限定・無料配布!

【Podcast】Toshiラジオ心の繋がりで生きること

私は、今までなかなか行動を

始めることができませんでした。

 

やる気になって行動するも集中力が続きません。

次第にマルチタスクになってそれが自己嫌悪

になり行動にブレーキをかけていました。

 

スポンサーリンク

先日読んだ『アウトプット大全』に

「まず始め、5分だけ頑張る」

と書いてありました。

 

また、そうすることで瞬時に行動を

始めることができ仕事や勉強がすごく

はかどることに気が付きました。

 

例えば、寒い冬の日に車のエンジン

を暖める場合はエンジンをかけ

アイドリングで暖機運転をすることで

エンジンが暖まり調子が良くなっていきます。

 

これは、私たちにも言えることです。

 

100年ほど前の話ですがクレペリン検査で有名な

精神科医のクレペリンは「まず始めることで

だんだん気分が盛り上がってきてやる気が出てくる」

ことを「作業興奮」と呼びました。

 

そして、最近の脳科学では

「作業興奮」のメカニズムが判明しています。

 

それは、人間の脳の真ん中あたりに側坐核

というリンゴ種ほどの小さな部分があり

ここの神経細胞が活動することで海馬から

前頭前野に信号を送り「やる気」が出て調子が

上がっていきます。

 

しかし、側坐核というのはある程度

強い刺激でしか活動を始めません。

 

その必要時間がたったの5分です。

 

私たちのやる気スイッチが脳の側坐核というわけなので

「とりあえず作業を始める」ことでやる気のスイッチが

オンになって、側坐核が自己興奮し本格的なやる気が出る。

 

だから、やる気を出したいときは

「まず始める」しかないのです。

 

「ヨシやるぞ!」と簡単な作業からスタート

5分間だけギリギリと歯を食いしばればいいんです。

 

なので、まずは簡単にできそうなことで

「パソコンのスイッチを入れ前に座る」

から始めて、やる気スイッチを連打したいと思います。

 

それでも

 

・なんとなくやる気が起こらない。

・モチベーションが低下し続かない。

・意欲がわかない、目的がわからない

・ダラダラとボーッと過ごしてしまう。

・活力がなくエネルギー不足を感じる。

なら。

 

それは、

もしかしたら感情のチューニングが必要かもしれません。

https://kizuna01.com/kizt

 


          

登録はGメールかYahooメールを推奨します☆!!

【期間限定】今なら登録された方に無料レポートをプレゼント中です!!

届きにくいメールアドレス

携帯メール(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jp、iCloud.com)

hotmail.co.jp live.jp outlook.com

システムの都合上、特にこの4つは迷惑メールになってしまうことが多いです。

 

コメントを残す